富士フイルムは2016年10月18日、子会社である米Cellular Dynamics International(CDI)社が出願していた、エピソーマルベクターを用いて末梢血からiPS細胞を作製する作製法に関して、日本で特許が成立したと発表した。今後、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の再生医療用iPS細胞ストックプロジェクトから供給される、末梢血から作製されたiPS細胞を用いて国内で事業を行う場合、CDI社の特許のライセンスが必要になるとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)