不二製油、45億円投じた「りんくう共創研」を開所

 不二製油グループ本社は、約45億円を投じて大阪府泉佐野市に新設した不二サイエンスイノベーションセンターの開所式を、2016年10月18日に実施した。阪南研究開発センターを改組して誕生した新センターの愛称は「りんくう共創研究」。その前日の10月17日には、報道関係者や機関投資家向けにR&D見学・説明会を開催し、不二製油グループ本社の清水洋史社長と前田裕一常務取締役・最高技術責任者(CTO)、それに不二製油の木田晴康執行役員開発部門長・不二サイエンスイノベーションセンター長が登壇した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)