アークレイ、血中循環腫瘍細胞を分離濃縮し遺伝子解析する実験系を開発

 アークレイは、東京大学生産技術研究所の藤井輝夫教授や金秀炫助教らと共同で、血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells:CTC)を分離・濃縮して検出し、遺伝子を解析する新たな手法を開発したことを、2016年10月17日、発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)