米Celgene社と米Agios Pharmaceuticals社は2016年10月12日、米Abbott Laboratories社と提携し、同社のPCRシステムであるm2000 RealTime Systemを使って、急性骨髄性白血病(AML)患者のイソクエン酸デヒドロゲナーゼ(isocitrate dehydrogenase :IDH)の遺伝子変異を発見するためのコンパニオン診断薬を開発し商用化すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)