癌と遺伝性の希少疾患に対する細胞医薬と免疫治療を開発しているイスラエルGamida Cell社は、2016年10月11日、米食品医薬品局(FDA)が同社の「NiCord」を画期的治療薬に指定したと発表した。NiCordは、1ユニットの臍帯血に同社専有のNAM(ニコチンアミド=ビタミンB3)技術を適用して、幹細胞を増殖させた細胞医薬だ。NAM技術を用いて増殖させた細胞は、in vivo注入後の機能が高いことが示されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)