スイスRoche社傘下の米Genentech社は2016年10月8日、免疫チェックポイント阻害薬「TECENTRIQ」(atezolizumab)の非小細胞肺癌(NSCLC)を対象とする大規模フェーズIII(OAK、NCT02008227)で生存ベネフィットが化学療法を上回ったと発表した。完全データは2016年10月にデンマークで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)