癌学会、卵巣癌の腹膜播種にエクソソームが関係

 2016年10月6日から8日まで横浜市で開催された第75回日本癌学会学術総会の一般口演「浸潤モデルとエクソソーム」で、国立がん研究センター分子細胞治療研究分野の横井暁がん研究特別研究員が卵巣癌の腹膜転移にエクソソームが関係するメカニズムを解明した研究成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)