「ノーベル賞は本庶さんと思っていた」「大隅さんは基礎研究というが」

 日本医学会の高久史麿会長は2016年10月9日、「わが国の医学研究の方向性」と題する基調講演を、都内で開かれた第30回日本臨床内科医学会で1時間行った。同学会は、東京内科医会の菅原正弘会長が学会長を務め、1400人ほどが参加した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)