日立化成、再生医療の細胞培養加工の受託事業に参入へ

 日立化成は、再生医療で利用するT細胞などの免疫細胞やES細胞、iPS細胞などを国内で培養加工する受託事業に参入すると、2016年10月11日に発表した。約20億円を投じて、神奈川県横浜市に細胞培養加工施設(CPC)を新設し、2018年4月に稼働させる予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)