富士フイルム、銀塩増幅技術でマイコプラズマ抗原を検出

 富士フイルムは、マイコプラズマ抗原検査キット「富士ドライケム IMMUNO AG カートリッジ Myco(マイコ)」を、2016年10月3日から富士フイルムメディカルを通じて発売した。呼吸器感染症「マイコプラズマ肺炎」の原因となるマイコプラズマ抗原を高感度で検出できる。1箱10回分で価格は1万5000円(税別)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)