参天製薬、iPS細胞由来視細胞変性疾患モデルで新薬候補を探索へ

 参天製薬は2016年10月6日、理化学研究所、先端医療振興財団と、iPS細胞由来網膜細胞を用いて、網膜色素変性や加齢黄斑変性など視細胞変性疾患に対する新薬候補の同定のため、共同研究を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)