米Sarepta Therapeutics社は2016年10月4日、英Summit Therapeutics社のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)対象開発候補パイプラインの欧州における独占的ライセンスと共同開発の契約を締結したと発表した。Summit社のDMD治療薬候補ezutromid(SMT C1100)を含むユートロフィン修飾薬について、Sarepta社は欧州、並びにトルコ、旧ソ連独立国家共同体(CIS)のライセンスを取得した。また、中南米ライセンスのオプション権も取得し、Summit社はこれらを除く全ての国・地域における商業化権を保有する。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)