アジレント・テクノロジー、ダコ・ジャパン吸収し診断事業に本格進出

 アジレント・テクノロジー(東京都八王子市、合田豊治社長)は2016年10月5日、病理診断などの事業を手掛けるダコ・ジャパンを11月1日付で吸収合併すると発表した。米Agilent Technologies社は2012年に22億ドルを投じてデンマークDako社を買収したが、Agilent社は研究用機器・試薬市場、Dako社は臨床診断市場と、市場にすみ分けができていたため、これまでDako社を存続させてきた。だが、Agilent社として臨床診断市場に打って出るため、11月に全世界でDako社をAgilent社に統合することを決め、日本法人でも同様の措置が取られることになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)