東大病院、NASH治療アプリの臨床研究を開始

 東京大学医学部附属病院 消化器内科は、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)専用の治療アプリ臨床研究を開始した。同アプリは、ベンチャー企業のキュア・アップと共同開発したもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)