内閣府SIP次世代農林水産業の新PDに北大の野口教授

 内閣府の戦略イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」の新たなプログラムディテクター(PD)に2016年10月1日、北海道大学大学院農学研究院の野口伸教授が着任した。野口PDは2016年5月までは、4人いるサブPDの1人として、農業の自動化・ICT化に関するプログラムを率いてきた。2016年5月までは、法政大学の西尾健教授がPDを務めていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)