味の素「CORYNEX」採用のバイオ医薬品候補が初の臨床試験に

 味の素は、蛋白質の製法開発受託サービス「CORYNEX」を採用したバイオ医薬品候補が、初めて第I相臨床試験に進んだと、2016年10月4日に発表した。米Ajinomoto Althea社が日本の大手製薬企業と2013年に締結した製造委受託契約に基づくもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)