画像のクリックで拡大表示

 ノーベル財団は2016年10月3日、ノーベル生理学・医学賞を東京工業大学大隅良典栄誉教授に授与すると発表した。今回受賞したのは、大隅栄誉教授1人。

 大隅栄誉教授は、細胞内で蛋白質を分解する仕組みであるオートファジー(自食)の世界的な研究者。酵母においてオートファジーを発見して以来、オートファジーの分子機構の解明や遺伝子の同定などを行ってきた。

 受賞を受け、東京工業大は今夜、会見を開く。