アイルランドAllergan社は2016年9月20日、炎症・線維化疾患をターゲットとする低分子治療薬を開発している英Akarna Therapeutics社を買収したと発表した。米Tobira Therapeutics社の買収に続く同日発表である(関連記事)。Akarna社のファルネソイドX受容体(FXR)アゴニストAKN-083を代表とするFXR化合物を取得し、Tobira社から取得したcenicriviroc、およびevogliptinに新たな候補品を加えて非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の治療開発戦略を強化、前進させる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)