熊本大学など、膵臓癌の早期発見につながるバイオマーカーを発見

 熊本大学大学院生命科学研究部微生物薬学分野の大槻純男教授、東北大学大学院薬学研究科薬物送達学分野の寺崎哲也教授、国立がん研究センター創薬臨床研究分野の本田一文ユニット長らの研究グループは2016年9月21日、膵臓癌の早期発見につながる血中バイオマーカーを発見したと発表した。早期膵臓癌患者で、血中の蛋白質のうちinsulin-like growth factor-binding protein (IGFBP)2およびIGFBP3の量が変化する傾向にあることが確認された。IGFBP2、IGFBP3は1滴の血液で検査が可能なため、被験者の侵襲性も低いという。研究成果は2016年8月31日、PLOS ONE誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)