日本臨床腫瘍学会、大腸癌遺伝子変異測定ガイドラインを改訂へ

 日本臨床腫瘍学会・ガイドライン委員会が「大腸がん診療における遺伝子関連検査のガイダンス 第3版」に対するパブリックコメントの募集を、会員を対象に9月20日に開始した。受付期間は9月30日まで。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)