米Taxus Cardium Pharmaceuticals Groupの子会社である米Angionetics社は、2016年9月12日、同社の血管新生促進遺伝子治療薬の候補「Generx」(Ad5FGF-4)の単回投与が、冠動脈病変進行による心筋梗塞と難治性の狭心症の患者を対象とするフェーズIII(AFFIRM)の治療薬として、米食品医薬品局(FDA)の生物製剤評価研究センター(CBER)に承認されたと発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)