名大、細胞品質の画像診断システム開発へ

 名古屋大学大学院工学研究科細胞分子情報学分野の加藤竜司准教授と大学院生の松本恵氏らは、再生医療に用いられる細胞の品質チェックに画像診断と機械学習を組み合わせたシステムを開発するCellFIE projectの開発を進めており、現在共同研究できる企業を求めている。この研究と事業プランは9月17日に都内で開かれた第3回バイテックグランプリ最終選考会(主催:リバネス)で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)