PMDA嶽北氏、「“治療できないリスク”視野に入れ再生医療製品を審査」

再生医療製品等審査部で最も古株の人材
(2016.09.16 00:00)1pt
高橋厚妃

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)再生医療製品等審査部主任専門員の嶽北和宏氏は、2014年11月に施行された医薬品医療機器等法下で、初めて審査された「ハートシート」(ヒト(自己)骨格筋由来細胞シート)や「テムセル」(ヒト(同種)骨髄由来間葉系幹細胞)の審査を担当した。審査の際に心掛けていることなどを2016年7月1日、嶽北氏に聞いた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧