大鵬薬品工業設立のTaiho Venturesが米Arcus社に出資

新たな癌免疫療法の開発を支援
(2016.09.08 00:26)1pt
川又総江

 米Taiho Ventures, LLCは2016年9月1日、革新的な癌免疫療法の研究開発を手掛ける米Arcus Biosciences社への出資を発表した。シリーズBに出資するのはTaiho Venturesの他米Google Ventures、米DROIA Oncology Ventures、および米Stanford University。シリーズAの出資者には米Column Group、米Foresite Capital、スイスNovartis社、および米Celgene社が名を連ねる。Arcus社はシリーズB資金調達ラウンドとして7000万ドル調達する。Arcus社は独自の技術基盤を用いた低分子化合物、および抗体による癌免疫療法の開発を加速させ、自社製品で組み合わせる併用療法の確立を目指す。【訂正】当初の記事でTaiho venturesが7000万ドルを出資したような記載になっていましたが、Arcus社の今回の調達額が合計で7000万ドルでした。お詫びして訂正いたします。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧