ゲノム編集学会が記者会見、「ノックインも日本の強み」

 日本ゲノム編集学会(会長:山本卓・広島大学大学院理学研究科教授)は、2016年9月6日から7日に広島国際会議場(広島市)で第1回大会を開催するに当たり、開幕前日の9月5日夕方に広島で記者会見を行い、10数人の報道関係者が参加した。山本会長は、学会設立の狙いや第1回大会の注目発表を紹介し、2016年4月のに賛同することも表明した。質疑応答では、朝日新聞、NHK、中国新聞、読売新聞、日経BP、日本経済新聞の記者が質問を行った。第2回大会は2017年6月28日から30日に千里ライフサイエンスセンターで開催される。第2回の大会長は、学会副会長の大阪大学大学院医学系研究科の真下知士准教授が務める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)