群大教授、「改変Cas9で狙った遺伝子を脱メチル化する技術を開発」

 群馬大学生体調節研究所附属生体情報ゲノムリソースセンターゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授は、ゲノム編集で利用するCas9の改変蛋白質を利用して、標的遺伝子だけを脱メチル化することに成功した。畑田教授が、2016年7月26日、本誌の取材に応じた。研究成果は、日本時間の2016年8月30日、Nature Biotechnology誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)