米Hemispherx社、RNA医薬がアルゼンチンで承認取得

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の適応で世界初
(2016.08.31 00:00)1pt
川又総江

 米Hemispherx Biopharma社は2016年8月23日、不適合2本鎖ポリマーRNA製剤「Ampligen」(rintatolimod)がアルゼンチン医薬品食品医療技術管理局(ANMAT)により承認されたと発表した。筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を適応症とする治療薬では世界初であり、唯一である。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧