寛和久満夫の深読み科学技術政策(第130回)

老化研究がこれからの重点施策になる、その1

(2016.08.09 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 世界的に高齢化が急速に進んでおり、2060年には、日本の人口の40%、中国やEU、英国、米国でも20%から30%が高齢者になると推計されている。健康長寿の延伸は、世界にとって喫緊の課題となっている。特に日本は、最も早く高齢化率が高くなる課題先進国であることから、この世界が直面する課題を先駆けて解決できれば、世界に貢献できるだけでなく、新たなマーケットを開拓することにもなる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧