ジェネティックラボ、cfDNAなどの受託解析サービスを提供へ

自己採取HPV併用検査も今秋から本格化
(2016.07.22 00:10)1pt
久保田文

 トランスジェニックの子会社であるジェネティックラボ(札幌市中央区、福永健司社長)は、癌患者の血中に存在する血中循環腫瘍細胞(CTC)やセルフリーDNA(cfDNA)などの受託解析サービスに乗り出す。また、健診センターと契約に至るなど、昨年から開始した自己採取HPV併用検査サービスを本格化させる。2016年7月13日、同社の担当者が本誌の取材に応じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧