理研など、他家と自家のiPS由来RPE細胞で複数の臨床研究を開始へ

 理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院、大阪大学、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、滲出型加齢黄斑変性に対するiPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)細胞移植の臨床研究を共同で実施する協定を2016年5月30日に締結した。2016年6月6日、4機関は記者会見を開催し、実施する3本の臨床研究の内容などについて説明。まずは他家の懸濁液を利用した臨床研究を先行して開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)