超党派の国会議員、ゲノム医療の勉強会を議員連盟に格上げへ

 ゲノム医療について、超党派の国会議員が「遺伝医療・ビジネスを取り巻く諸課題を考える勉強会」を立ち上げ、2014年10月から検討を重ねている。2016年5月までに第11回の勉強会が開催され、政府の動きと連動してゲノム医療を巡るさまざまな課題が議論されてきた。2016年5月30日、勉強会の発起人の1人であり、無所属の薬師寺みちよ参議院議員が本誌のインタビューに応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)