「インサイダーはあり得ない」と米Acucela社窪田氏

 米Acucela社は2016年5月26日、米国で実施していたドライ型加齢黄斑変性(AMD)を適応症とするフェーズII/IIIについて、主要評価項目を達成できなかったと発表した。また、その前日の2016年5月25日の午後から株価がストップ安まで急落し、一部報道ではインサイダー取引の可能性も指摘されている。2016年5月29日、窪田良会長・社長兼最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)