健康・医療戦略推進本部が持ち回りで開催され、医療分野の研究開発の調整費151億4000万円の配分先が決定した。先日開かれた日本医療研究開発機構(AMED)の理事長会見では、その詳細が明らかにされた。内容そのものについては、既に記事が掲載されているので、そちらを参照願いたいが、今回の会見の中で、調整費がようやくその意義を発揮できるまでになってきたことを実感した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)