カルナバイオサイエンスは2016年5月27日、カナダProNAi Therapeutics社に抗癌剤候補の化合物の全世界での開発・商業権を導出したと発表した。契約一時金は90万ドル(約1億円)で、今後の開発に応じて最大2億7000万ドル(約300億円)のマイルストーンを受領する他、上市後は売上高に応じた段階的ロイヤルティーも受け取る。カルナバイオの導出は、2015年6月の米Janssen Biotech社に続いて2つ目。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)