MBL、臨床検査薬と研究用試薬の二刀流から臨床に軸足

 医学生物学研究所(MBL)は2016年5月27日、2016年3月期通期の決算説明会を開催。同社の山田公政社長は、連携を強化しているJSRグループのライスサイエンス事業を推進させるため、従来の臨床検査薬と研究用試薬の二刀流から、臨床に軸足を置く方針を示した。【訂正】当初の記事で、2017年3月期通期の連結業績について、純損失2億9700万円との記載がありましたが、正しくは純利益2億9700万円の見込みです。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)