難聴の遺伝学的検査がスムーズに実用化されたワケ…

 難病の領域では近年、様々な原因遺伝子が同定され、遺伝学的検査を用いた診断が可能になってきた。その1つが、信州大学医学部耳鼻咽喉科学教室が中心となって実施している先天性難聴の遺伝学的検査だ。同検査は、スムーズに実用化したモデルケースの1つと評されている。その理由や、ゲノム医療実現に向けた日本の課題について2016年4月26日、宇佐美真一教授に取材した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)