米Medimetriks Pharmaceuticals社は2016年5月23日、軽症から中等症のアトピー性皮膚炎の治療薬として、大塚製薬と共同開発中のホスホジエステラーゼIV(PDE4)阻害薬MM36(OPA-15406)について、フェーズIIで良好な結果が得られ、Journal of the American Academy of Dermatology(JAAD)の5月14日のオンライン版に掲載されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)