AMED、ゲノム編集や遺伝子治療研究などに調整費を配分へ

 日本医療研究開発機構(AMED)は2016年5月25日、理事長記者説明会を開催した。AMEDが配分する調整費で進める取り組みについて、末松誠理事長などが説明した。ゲノム編集や遺伝子治療に関連するプロジェクトに合計10億6000万円を充てる予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)