ニュージェン・ファーマ、ALS候補化合物の臨床試験を準備中

 ニュージェン・ファーマ(東京・目黒)は筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬候補のWN1316について、臨床試験の準備を進めている。北里大学大学院医療研究科客員教授、ARC/東部オンタリオ小児病院上級研究員などを務める池田穰衛社長兼CEOが本誌の取材に対して明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)