「そこそこのデータならNature誌に発表するのも良いが」

 公益社団法人日本化学会は2016年5月25日、新会長選任に関する記者会見を日本化学会(東京・千代田)で開催した。5月24日に会長に選任された山本尚・中部大学総合工学研究所所長/分子性触媒研究センターセンター長と、筆頭副会長に選任された辻康之・京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻教授が、代表理事としての日本化学会での活動の抱負などを語った。任期は2年間だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)