乳癌の予後予測する遺伝子検査「Oncotype DX」、国内での現状は?

 米Genomic Health社の遺伝子検査「Oncotype DX」は、乳癌の予後予測などの目的で、世界で利用が広がっている。国内では2007年から自由診療の枠組みで提供されている。2016年4月18日、検査の方法や世界での利用の現状などについて、ジェノミック・ヘルス・ジャパン合同会社のGeoffrey Hasemerアジアパシフィックマネジングディレクターと杉山直子メディカルディレクターが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)