AGS-003のオプション契約を破棄したメディネット、今後「開発を手掛ける可能性ある」

 メディネットは2016年5月24日、2016年9月期中間決算に関する説明会を開催した。同社には現在、開発中の細胞医療製品は無いが、木村佳司会長兼社長は、大学で臨床研究を行っている免疫療法の治験への切り替えや、2016年4月28日に開発のオプション契約を破棄した米Argos Therapeutics社のAGS-003の再契約などについて含みを持たせた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)