日本政府、熱帯病治療薬研究のGHIT Fundなどに1.3億ドル拠出

日本政府はG7に関連して、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)による顧みられない熱帯病(NTDs)治療薬の研究開発の促進と、国連開発計画(UDNP)による治療薬の供給準備・供給支援のために、1億3000万ドルを拠出すると発表した。これはG7サミットに関連した政府発表の中で明らかにされたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)