リボミック、「今期は最低でも1つは導出をまとめる」と中村社長

 アプタマー医薬品の研究開発を手掛けるリボミックは2016年5月18日、2016年3月期の決算説明会を行った。2015年12月に大塚製薬との共同研究契約が一部満了になったことから、2016年3月期の売り上げは前年度比74.6%減の1億2100万円、営業損失は5億3200万円、純損失は3億2200万円だった。2017年3月期の売り上げは9500万円、純損失は7億2000万円を見込むものの、これは現在、開発中のパイプラインについての導出は織り込んでいない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)