米Genentech社は2016年5月18日、転移性もしくは局所後期の尿路上皮癌を対象疾患として、TECENTRIQ (atezolizumab)に迅速承認制度による承認を米食品医薬品局(FDA)から得たと発表した。対象となるのは、白金製剤を使った治療の間に、あるいは治療の後に、疾患が増悪した患者、もしくは手術前((術前補助療法)あるいは手術の後(補助療法)の白金製剤による治療を受けてから12カ月の間に疾患が増悪した患者である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)