JCRファーマ芦田会長、「ライセンス事業を1つの核に」

 JCRファーマは2016年5月20日、2016年3月期通期の決算説明会を開催した。同社は近年、これまで培ったバイオ医薬の関連技術や開発経験に基づき、複数の技術プラットフォームを開発し、血液脳関門(BBB)通過技術については複数の企業と提携するなどライセンス活動を活発化させている。芦田信会長兼社長は、「ライセンス事業は将来の1つの核になる。今後はグローバル化を進めたい」と話し、今後ライセンス事業に力を入れる考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)