グリーンペプタイド、今後はペプチドワクチン以外にも開発領域を広げる

 グリーンペプタイドは2016年5月16日、2016年3月期の通期決算について説明会を開催した。同社は現在富士フイルムに導出したITK-1と、自社で米国での治験を開始したGRN-1201の2本のパイプラインがあるが、今期はさらなるパイプラインの拡充を目指しており、久留米大学から継承した抗原の活用の他、他社やアカデミアからの導入も行うことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)