「ナノマシン造影剤」、がんの悪性度を可視化

 ナノ医療イノベーションセンター(川崎市)と東京工業大学、量子科学技術研究開発機構の共同グループは、「ナノマシン造影剤」と呼ぶ新たな造影剤を開発した。悪性腫瘍(がん)内部の微小環境において、悪性度や治療抵抗性に関係する「低酸素領域」をMRIで高感度に可視化できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)