内閣府ImPACTで表彰された赤パプリカ抽出物をグリコが事業化

 江崎グリコの健康科学研究所が健康機能の検証を進めているスペイン産の赤パプリカ由来のパプリカキサントフィル製剤「PapriX(パプリックス)」を、江崎グリコのグループで企業間取引(BtoB)事業を担当しているグリコ栄養食品が2016年6月から販売を開始する。5月18日に東京ビッグサイト(東京・江東)で開幕した「ifia JAPAN 2016(第21回国際食品素材/添加物展・会議)/HFE JAPAN 2016(第14回ヘルスフードエキスポ)」(主催:食品化学新聞社)で展示している。PapriXとパプリックスは、グリコ栄養食品の登録商標。同社はPapriXに関連する商標を2015年3月17日から2016年2月9日までに9件を出願した(うち2件は登録済み)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)