Biogen社、日本での遺伝子治療の開発も検討中

 米Biogen社は、多発性(MS)硬化症や炎症性腸疾患、神経疾患、希少疾患を対象とした治療薬の研究開発、販売を手掛けている。近年では、他社との提携を通じ、遺伝子治療や核酸医薬の研究開発にも注力している。2016年4月27日、同社のAlfred Sandrockチーフメディカルオフィサー(CMO)と、バイオジェン・ジャパン研究開発本部の鳥居慎一本部長に研究開発や日本での開発方針について話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)